審美治療

セラミック治療

セラミックとは

セラミック

白い陶製の材料「セラミック」は、天然歯に極めて近い透明感・質感を持つ材料です。詰め物としても被せ物としても、自然な仕上がりが期待できます。 保険の銀歯、歯科用プラスチックと比べるとプラークが付着しにくい性質を持つため、虫歯・歯周病リスクの上昇を抑えるという意味でも有効です。

当院のセラミック治療

歯科技工士による丁寧な色合わせ

歯の白さは、患者様によって微妙に異なります。外注する場合にはセラミックの白さを写真などで指示することになりますが、やはりどうしても誤差が生じます。
当院では、歯科技工士が患者様の歯の色を直接確認いたしますので、より自然な白さを持ったセラミック修復物を提供することができます。

ワンデイセラミックにも対応

CAD/CAMを搭載し、セラミックの詰め物や被せ物を設計・作製する「セレック」を導入しております。手作業の工程を大幅に削減できることから、特に問題など無ければ、最短1日(午前中に受診し、夕方に取り付け)でセラミック治療を終えることも可能です。

※経過観察の来院をお願いすることもあります。

セラミック治療メニュー

クラウン

オールセラミッククラウン
セラミックのみでつくる、もっともスタンダードなセラミックの被せ物です
メリット ・天然歯に極めて近い透明感、質感を再現できる
・プラークが付着しにくい
・金属アレルギーの心配がない
デメリット ・割れてしまうことがある

オールジルコニアクラウン

セラミックの中でも、人工ダイヤモンドと称され圧倒的な硬度を誇る「ジルコニア」のみでつくる被せ物です。

メリット ・天然歯に近い透明感、質感を再現できる
・圧倒的な硬度を誇り、割れる心配がほとんどない
・奥歯にも安心して使用できる
・プラークが付着しにくい
・金属アレルギーの心配がない
デメリット ・高い硬度を持つため、噛み合う歯を傷付けてしまうことがある

ジルコニアセラミッククラウン

内側のフレームにジルコニアを、外側にセラミックを使用した被せ物です。

メリット ・天然歯に極めて近い透明感、質感を再現できる
・前歯にも奥歯にも使用しやすい
・プラークが付着しにくい
・金属アレルギーの心配がない
デメリット ・外側のセラミックが割れてしまうことがある

メタルボンド

内側のフレームに金属を、外側にセラミックを使用した被せ物です。

メリット ・天然歯に近い透明感、質感を再現できる
・耐久性に優れる
・プラークが付着しにくい
デメリット ・外側のセラミックが割れてしまうことがある
・金属アレルギーの方にはおすすめできないことがある

インレー

リミングインレー

セレックによって、セラミックブロックから「削り出して」つくる詰め物です。
メリット ・天然歯に近い透明感、質感を再現できる
・支台歯との境目も滑らかに仕上がる
・金属アレルギーの心配がない
デメリット ・割れてしまうことがある

プレスインレー

高温で融解したガラスセラミックを「圧縮して」つくる被せ物です。
メリット ・天然歯に極めて近い透明感、質感を再現できる
・支台歯との境目も滑らかに仕上がる
・強度に優れ、奥歯にも使用しやすい
・金属アレルギーの心配がない
デメリット ・リミングインレーに比べると強度が高いものの、割れてしまうこともある

ラミネートベニア

メリット ・天然歯に極めて近い透明感、質感を再現できる
・被せ物と比べると歯を削る量が少ない
・症例によっては歯を削る必要がない
デメリット ・割れてしまうことがある
・剥がれてしまうことがある(再接着が可能です)

ファイバーコア

被せ物を取り付ける場合、その強度を維持するため、コア(心棒)を設置することがあります。 保険診療であれば金属のメタルコアが使用されますが、ガラスファイバーを使用する「ファイバーコア」を選択することで、より審美性・耐久性が高まります。
メリット ・白い材料であるため、メタルコアのように黒っぽく透けることがない
・適度な柔軟性があるため、強い力がかかったときも歯の根が割れにくい
・金属アレルギーの心配がない
デメリット ・残っている歯の根の量が少ない場合には適応外になることがある

ホワイトニング

専用の薬剤で歯を傷めずに白くする

ホワイトニング

ホワイトニングとは、専用の薬剤を使用して、飲食・喫煙などによって色素の沈着した歯を漂白する治療です。 大切な記念日を控えている方、健康的な白い歯で毎日を明るく過ごしたい方、面接などに備えて口元の印象をよくしたい方は、ぜひ一度当院にご相談ください。

オフィスホワイトニング

歯科医院で、歯科医師または歯科衛生士が行うホワイトニングです。
高濃度の薬剤を使用するため、少ない回数で高い効果が期待できます。

メリット ・少ない回数で違いを実感できる
・施術をまかせることができるため、労力が不要
デメリット ・ホームホワイトニングと比べると色の後戻りがやや早い

ホームホワイトニング

ご自宅で、薬剤を注入したトレーを装着し、患者様ご自身で行うホワイトニングです。
低濃度の薬剤を使用するため、効果を実感するためには日数を要します。
毎日1~2時間の漂白を、1~2週間継続します。

メリット ・1回あたりの漂白効果が小さいため、白さの微妙な調整がしやすい
・オフィスホワイトニングより色の後戻りが緩やか
デメリット ・効果を実感するまでの施術回数がオフィスホワイトニングより多い

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングのあとに、ホームホワイトニングを行うコースです。
ワンランク上のホワイトニングといえます。

メリット ・もっとも高い漂白効果が得られる
・もっとも白さが長持ちする
デメリット ・知覚過敏が出やすい

費用

  • セラミック治療
オールセラミッククラウン 143,000円
オールセラミッククラウン(Br1歯) 198,000円
オールジルコニアクラウン 93,500円
ジルコニアセラミッククラウン 100,000円
メタルボンド(セミプレ) 99,000円
メタルボンド(プレシャス) 121,000円
メタルボンド(全顎治療加算) 22,000円
ポーセレンインレー 49,500円
ミリングインレー 35,000円
エンプレスインレー 66,000円
ラミネートべニア 115,500円
ファイバーコア 11,000円
※税込み価格
  • ホワイトニング
オフィスホワイトニング 7,700~13,200円
ホームホワイトニング 35,000~50,000円
デュアルホワイトニング 45,000~65,000円
※税込み価格

CONTACTお問い合わせ

ご予約承っております
歯に対する症状・お悩みは
お気軽にお問い合わせください。