根管治療

根管治療

根管治療とは

根管治療とは

根管治療とは、虫歯が進行して神経にまで達してしまった場合などに行われる治療です。 神経を取り除き、根管内の洗浄・消毒、薬剤充填をすることで感染を除去し、その歯を残します。

根管治療が必要になるケース

主に、以下のようなケースで根管治療が必要になります。

  • 虫歯が進行し神経にまで達している
  • 以前に根管治療を受けたが根管内で再感染を起こしている
  • 歯の根の先に膿が溜まっている
  • 歯をぶつけるなどして神経が露出している

当院の根管治療

マイクロスコープとラバーダムを使った精密な根管治療

マイクロスコープとラバーダムを使った精密な根管治療

根管治療を成功させるために重要なのが、根管内を徹底的に洗浄・消毒して薬剤充填を行うこと、そして根管内に唾液を侵入させないことです。 当院では、保険での根管治療に加え、マイクロスコープとラバーダムを活用した精密な根管治療を行います。自費診療となりますので、患者様とよく相談した上で治療法を選択します。

マイクロスコープによる確実な処置
視野を約20倍にまで拡大できるマイクロスコープを使用することで、複雑な形をした根管であっても細菌を徹底的に除去することが可能になります。 少しでも取り残しがあると、治療後に虫歯が再発する可能性が高くなります。
ラバーダムによる唾液の侵入阻止

マイクロスコープで確実な処置を行っても、根管内に唾液が流れ込んだり飛んだりすると、そこに含まれる細菌によって再感染が起こります。
当院では、ラバーダムというシートによって根管治療の対象となっている歯だけを露出させることで、根管内への唾液の侵入を防いでいます。
また、息苦しいなどの理由でラバーダムが使用できない場合には、一時的に隔壁(コンポジットレジンでつくる壁)を設置し、同様に唾液の侵入を防ぎます。

根気強さが「歯を残せる」可能性を高める

根管治療によって歯を残せるか・残せないかの分かれ目は、歯科医師と患者様の「根気強さにある」と言っても過言ではありません。
経験と集中力を求められる歯科医師、通常の虫歯治療よりやや多い通院回数を求められる患者様、どちらかが諦めてしまうと、そもそも根管治療が成り立ちません。
当院では、患者様がご希望される限り、根管治療によって歯を残すことに尽力致します。

精密根管治療のメリット・デメリット

メリット ・歯を残せる可能性がある
・痛みを解消できる
・歯を抜いた場合の治療(インプラント・入れ歯・ブリッジ)が不要になる
デメリット ・治療回数(通院回数)がやや多くなる
・自費診療となるため、費用がかかる

根管治療の流れ

根管治療は基本的に、以下のような流れで進めていきます。

  • 1虫歯部分の削除虫歯部分の削除

    虫歯に侵された歯質を除去し、根管治療を行いやすいように歯を削って形を整えます。

  • 2抜髄・洗浄・消毒抜髄・洗浄・消毒

    神経(歯髄)を取り除き、根管内を洗浄・消毒します。
    洗浄と消毒は、その徹底性が重要であるため、何度か繰り返す必要があります。

  • 3薬剤の充填薬剤の充填

    無菌状態を維持するため、根管に隙間なく薬剤を詰めます。

  • 4コアの設置コアの設置

    被せ物の強度を維持するため、土台となるコアを取り付けます。

  • 5被せ物の設置被せ物の設置

    型取りをして、被せ物を作製し、取り付けます。

費用

精密根管治療
(前歯)
88,000円
密根管治療
(小臼歯)精
110,000円
精密根管治療
(大臼歯)
165,000円
精密根管治療
(露髄)(神経保存療法)MTA使用
88,000円
MTA使用料(少量) 22,000円
MTA使用料(多量) 44,000円
根管内異物除去 55,000円
隔壁形成 22,000円
※税込み価格

CONTACTお問い合わせ

ご予約承っております
歯に対する症状・お悩みは
お気軽にお問い合わせください。